個人情報の取り扱いについて

2005年4月1日

社会福祉法人 読売光と愛の事業団

社会福祉法人 読売光と愛の事業団は、以下のような社会福祉事業を行っていますが、個人情報の重要性を認識し、個人情報の保護に関する法律および政令等を遵守し、個人情報の取り扱いに関する規程を定めるとともに必要な体制整備を行い、個人情報の適正な利用と保護に努めます。

<読売光と愛の事業団の手がけている事業>

  • 読売アイバンクの運営
  • 特別養護老人ホームの運営、高齢者の福祉事業
  • 心身障害者の福祉事業
  • 児童・母子家庭などの奨学、福祉事業
  • 福祉事業団体への助成
  • 国内外の災害に対する救援募金、復興支援事業
  • 福祉功労者の顕彰
  • そのほか当事業団の目的を達成するために必要な事業

1.個人情報の取得・利用について

個人情報の取得は適正・公正な方法で行います。また、個人情報の利用は、以下に記す利用目的の範囲内で適正に行い、利用目的の範囲を超えて利用する場合は、事前に本人の同意を得ることとします。また、委託、共同利用等法律で定められる要件を満たした場合を除き、個人情報を本人の同意を得ずに第三者に提供することはありません。

<個人情報の利用目的>

  • 読売アイバンクの角膜移植のあっせん
  • 介護サービスの提供、及びそのために必要な事務、事業
  • 寄付者名簿の作成、寄付者の読売新聞紙面への掲載、領収書送付
  • ご寄付のお願いのお知らせ
  • 児童の奨学、育成事業
  • 事業団の活動を知らせる機関紙や事業案内の送付
  • そのほか、皆様に連絡の必要が生じた場合

2.個人データの保管・利用について

  • 事業団では、個人情報保護管理者を定め、個人データの漏えい滅失またはき損の防止、その他の安全管理のために、個人データの持ち出し手段の制限、外部からの不正アクセス防止のための措置、その他の措置を講じています。
  • 職員等が個人データを取り扱う場合は、当該個人データの安全管理が図れるよう、必要かつ適切な監督を行います。
  • 事業団の委託を受けて個人データを取り扱う業務委託先においても、個人データの安全管理が図れるよう、適切な監督を行います。再委託される場合も含めて実効的な監督体制を確保します。

3.読売新聞紙面、機関紙への掲載について

事業団は、原則として、寄付者の氏名、住所、金額などを、読売新聞地域版と事業団発行の機関紙に掲載しています。匿名希望のお申し出があった場合は、匿名扱いにさせていただきます。

4.個人情報の開示・訂正・利用停止、苦情などへの対応

ご本人から個人情報の開示・訂正・利用停止などのお求めがあった場合、申請用紙をお送りします。また苦情があった場合は、すみやかに調査し、その求めに理由があれば必要な措置を講じますので、下記までご連絡ください。

〒100-8055 千代田区大手町1-7-1
電話 : 03-3217-3473 03-3217-3473
fax : 03-3217-3474