読売アイバンク

204人が新規登録 読売アイバンク(2016年05月)

 

 読売アイバンクの2015年度新規登録者数は204人で、前年度より29人増えました。眼球提供は7人で、うち12眼が角膜移植され、12人の方が光を取り戻すことができました。献眼者とそのご遺族のご協力に感謝します。
 今年2月に献眼していただいたTさん(男性・72歳)の角膜は、埼玉県にお住まいの60歳代の女性と都内にお住まいの50歳代の男性に無事に移植されました。Tさんは子どもの頃の転落事故によるけがが原因で長い間、後遺症に苦しんでいたそうです。Tさんのお兄さんは、弟が万一の場合は視覚障害者の方のお役に立てればと思い、献眼に同意されました。移植報告を受け、「弟が誰かのお役に立てたことがなにより嬉しい。感謝状をいただき、肩の荷がおりました」と話していました。
 読売アイバンクは東京都内にお住まいの方の登録をお受けしています。