被災地支援事業

東日本大震災の被災地支援助成 申請は締め切りました(2016年01月)

 岩手、宮城、福島の東日本大震災被災地で福祉活動に取り組んでいる皆様へ
        
 当事業団は東日本大地震の被災地支援のため助成金制度を設けています。2016年度も継続して行う予定です。
 16年度の支援対象は「こども」「障害者」「高齢者」への支援事業を展開している団体にしたいと考えています。

 被災地では復旧が進んでいますが、社会的弱者へのフォローはまだまだ足りないのが現状です。復興のため活動している団体で、上記テーマに関し、16年度に新たな事業展開を予定している、あるいは現在事業展開しているがさらに活動を活発化させたいと考えている団体がありましたら自薦・推薦を問いませんのでご連絡ください。
 つきましては、新事業・継続事業に関し、機材・備品等の購入費や事業費などの助成希望がありましたら、1月末までに別紙の2016助成申請書.xlsにご記入のうえ、直近の財務諸表や関連資料とともに、お送りください。なお、財務諸表や資料作成が間に合わない場合は先に概要をメール等でお知らせください。特に当事業団からの助成実績がない施設・団体の場合は、申請書の提出前に予め、メール等で助成を希望される事業・分野の概要を知らせていただければ助かります。


 助成額は、上限200万円を原則としますが、公益性が高く、必要性が認められれば、最大500万円まで助成します。なお、予算の制約等もあり、申し込みがあったすべての団体を助成できるわけではありません。他団体からの支援状況や地域バランスなどを含め総合的にみて、助成の是非を決定いたします。結果については2016年3月末までに助成が内定した団体にお知らせいたします。