光と愛・郡司奨学基金

読売・郡司ひさゑ奨学生 入学報告が届きました             卒業報告と在学生の近況報告も(2018年05月)

 児童養護施設などから大学や専門学校へ進学する高校生の学費を給付する「読売光と愛・郡司ひさゑ奨学基金」の20期生12人から入学報告が届きました。皆さん、それぞれの夢の実現に向けて、学業、アルバイト、部活などに頑張っていますので、ご覧ください。

入学報告はこちらから.pdf 

今春は7人が卒業、うち5人が就職

 今春は7人が卒業しました。16~18期生で、男性2人、女性5人。就職したのは女性5人で、就職先は物流会社、児童養護施設職員、病院の看護師2人、老舗菓子店でした。鍼灸科の専門学校を卒業した男性は国家資格試験に不合格となり、同じ学校の国家資格試験対策コースに進学し、再挑戦することになりました。また、物理の教師になるために大学院への進学を目指していた男性は、不登校やいじめの相談に応じる学校カウンセラーになりたいとして、来春、心理学系の大学院を目指すそうです。

 7人からの卒業報告が届きましたので、掲載します。長文の報告は短くしてあります。

 卒業報告はこちらから.pdf

在学生からは近況報告 カナダの井上さんからも

 在学生からは近況報告が届きました。皆さん、学業に、部活に、アルバイトにそれぞれ頑張っています。カナダに留学している井上さんからはユニバーシティーに進学するとの報告がありました。期ごとに報告を掲載します。長文の報告は短くしてあります。

 17期はこちらから.pdf

 18期はこちらから.pdf

 19期はこちらから.pdf

 井上さんの報告はこちらから.pdf

 それぞれご覧ください。