光と愛・郡司奨学基金

児童養護施設から来春進学の郡司奨学生を募集(2015年07月)

 読売光と愛の事業団は、児童養護施設などに在籍する児童で、来春(2016年度)に大学、短大、専門学校への進学を目指す奨学生を募集します。
故・郡司ひさゑ氏寄託の「読売光と愛・郡司ひさゑ奨学基金」によるもので作文を主に審査し、計10人程度に卒業までの毎年、奨学金(授業料を基準に年額50万円が上限)を無償で助成します。
 奨学生の募集要項や応募に必要な本人と施設の申請書、指定原稿用紙はこちらからダウンロードできます
(このうち申請書は、直接記入が可能なPDF形式になっています)

  募集要項はこちらから 
  申請書はこちらから
  作文用の原稿用紙(2枚つづり)はこちらから


                第18回郡司ひさゑ奨学生 募集の概要

【助成対象】
・2016年春に高校を卒業し、現役で大学、短期大学、専門学校の入学試験に合格した者。その中でも特に経済的援助を必要とし、向上心旺盛で予定年限での修学が十分可能な者
・大学生、短大生、専門学校生の合計で10名程度。原則として他機関からの奨学金を受けない者

【助成方法】
・進学した各学校の授業料を主基準とした学費で年額50万円を限度とする
・返済義務はないが、奨学生はレポート提出などを通じ児童福祉の向上に協力する

【助成期間】
 進学した各学校の1年次から最短の卒業年次まで。退学・休学・留年の際は助成を打ち切る

【申請書類】
 本人申請書、施設長申請書、作文、成績表、入学志望校案内、在籍施設のパンフレット       
 作文のテーマは「私の将来」 (950~1000字で記入)

【締め切り】 2015年9月15日(火) 当日消印有効

【選考方法】 事業団が委嘱する選考委員会で作文を中心に審査・選考を行なう
        *本奨学金は受給希望者が多く、近年の競争倍率は10倍程度です

【決定通知】 2015年12月末までに内定結果を通知

【書類提出先】〒100-8055 東京都千代田区大手町1-7-1
                   読売光と愛の事業団 奨学生係 

      ■問い合わせ先
           電話03-3217-3473
           

                    hikarustudy.jpg