大阪支部

大阪で音訳ボランティアの養成講座開く(2017年03月)

 視覚障害者を支える人材を育てる「読売音訳ボランティア養成講座」が3月1 日、大阪市中央区のよみうり天満橋文化センターで開講しました。  事業団大阪支部主催で、大阪府や兵庫県から19人が受講。

この日は日本 ライトハウス情報文化センターの久保洋子さんが「ボランティア活動と音訳につ いて」をテーマに講師を務め、「アクセントを学ぶことはとても大切。これからはテレビのニ ュース番組を真剣に聴くようにしてください」などと話しました。

 講座は11月までで、計18回。6人の講師が発声や読み方の基礎練習、 対面朗読の仕方、録音図書の製作などを指導します。

  読売音訳講座開講.JPG 

                 音訳の基礎を学ぶ受講生