寄付・ご支援のお願い

本文です

救援募金


募金2億966万円余を熊本県に寄託  今後は支援事業にご寄付を

 読売新聞社と読売光と愛の事業団は6月24日、熊本地震の被災地支援のため、全国から寄せられた募金2億966万8261円を熊本県に寄託しました。中井一平・読売新聞西部本社社長が県庁を訪ね、蒲島郁夫知事に目録を手渡しました=写真=。
 募金は4月18日から受け付けを始め、6月20日までに6097の企業・団体・個人から浄財が寄せられました。
 中井社長は、6人が亡くなった豪雨災害に触れ、「地震に続いて大変なことが起きた。引き続き支援していきたい」と約束。蒲島知事は「貴重な義援金として活用させていただきたい。被災地からの情報の発信もお願いしたい」と語りました。

                     目録熊本.jpg

                     熊本握手jpg.jpg

 事業団では熊本地震の被災者支援事業にも取り組みます。被災した福祉施設に助成したり、障害者や高齢者の支援団体の活動を支援したりする予定で、今後寄せられた熊本地震への寄付については同事業に使わせていただきます。

 送金は郵便振替(00100-8-127485、加入者名・読売光と愛の事業団)などで。通信欄に「熊本支援」と明記してください。クレジットによる寄付も可能です。義援金を希望される方は、直接、熊本県にお送りください。

 皆様のご協力に感謝いたします。

(2016年06月)

熊本地震でGLAYが1000万円を寄付

 人気ロックバンド「GLAY」から、熊本地震の被災者支援に役立ててほしいと、1000万円の寄付をいただきました。事業団は受け付け中の救援募金で集まった寄付金とともに、熊本県などの被災自治体に寄託し、被災者の復興に役立ててもらいます。GLAYは昨年9月の関東・東北豪雨でも事業団に200万円を寄付していただきました。

(2016年04月)

台湾地震救援募金に563万円 日赤に寄託

 台湾南部で起きた地震の被災者支援のため、読売新聞社と読売光と愛の事業団が受け付けていた救援募金は今月11日で締め切りました。全国から寄せられた救援金は522件、総額563万2865円でした。全額を日本赤十字社に寄託し、復興に役立ててもらいます。寄託先の日赤の締め切りが15日になっており、今後、受け付けはできませんので、ご了承ください。日赤からは4月4日、領収書.pdfが届きました。

 皆様のご協力に感謝します。

(2016年03月)

熊本地震義援金 知事からお礼状 

 熊本地震の被災者支援で、全国の皆様から寄せられた義援金を熊本県に送ったことに対し、蒲島郁夫知事からお礼状=写真下=が届きました。送った義援金は2億966万8261円でしたが、その後に寄せられた13万1000円を8月1日に同県に送金しました。義援金の総額は2億979万9261円となりました。熊本知事感謝状.JPG 義援金の受付はすでに終了していますが、被災地の被災者支援団体などに助成する支援金にも多くの寄付が寄せられており、現在、助成内容を検討しています。

 


茨城県常総市から救援金のお礼状

昨年9月の豪雨で被害を受けた茨城県常総市から、当事業団が読者の方々から集めて送った救援金に対するお礼状.pdf

が届きました。

(2016年03月)

関東・東北豪雨救援募金 終了

 関東・東北豪雨で大きな被害を受けた被災者のため、読売新聞社と読売光と愛の事業団が9月14日から受け付けていた救援募金は10月20日で締め切りましたが、その後も寄付が寄せられ、昨年中に全国から寄せられた救援金は1552件、総額3190万3636円となりました。茨城県常総市、栃木、宮城両県に全額を寄託しました。

皆様のご協力ありがとうございました。

(2015年12月)

関東・東北豪雨救援募金に3155万円 ご協力ありがとうございます

 関東・東北豪雨で大きな被害を受けた被災者のため、読売新聞社と読売光と愛の事業団が9月14日から受け付けていた救援募金は10月20日で締め切りました。全国から寄せられた救援金(10月26日現在)は1540件、総額3155万8535円に上りました。読売巨人軍(306万円余り)や、人気ロックバンド「GLAY」(200万円)からの寄付もありました。

 事業団は、2355万円余りを被害がとりわけ大きかった茨城県常総市、400万円を栃木、宮城両県にそれぞれ寄託し、被災者の方々の生活支援に役立ててもらいます。


 皆様のご協力に感謝します。
 

(2015年10月)

読売巨人軍が豪雨災害で306万円を寄付

 関東・東北豪雨の被災者支援に役立ててほしいと、読売巨人軍から306万8971円の寄付がありました。9月12、13日の東京ドームでの横浜との試合で募金を呼びかけ、来場者から寄せられた56万8971円に読売巨人軍と選手会からの寄付計250万円を加えたものです。事業団は、今月中旬まで受け付け中の救援募金とともに、茨城県常総市などの被災自治体に送り、復興に役立ててもらいます。
 

(2015年10月)

ロックバンドのGLAYが豪雨災害に200万円を寄付

 人気ロックバンド「GLAY」が2日、関東・東北豪雨の被災者支援に役立ててほしいと、200万円を読売光と愛の事業団に寄付しました。事業団は受付け中の救援募金で集まった寄付金とともに、茨城県常総市などの被災自治体に寄付し、復興に役立ててもらいます。
 

(2015年10月)

ネパール地震の救援金、受付終了 1840万円超す

 読売新聞社と読売光と愛の事業団は、ネパール地震の救援募金を締め切りました。5月31日の受け付け終了後も募金が続き、7月3日現在で計924件、総額1841万8615円が寄せられました。読売新聞地域版への寄付者名掲載も終了しました。このうち、5月中に寄せられた1771万9074円はすでに日本赤十字社に寄託しました。残りも近く日本赤十字社に寄託します。皆様のご協力に感謝します。

                                                                   読売新聞社
                                                                  読売光と愛の事業団
 

(2015年07月)

広島土砂災害の募金、2000万円超す

広島土砂災害の被災者のため、読売新聞社との共催で行った救援募金は、9月末の受付締め切り後も募金があり、10月末までに993件、総額2010万1157円が寄せられました。
このうち、10月10日までに届いた1755万円余は同月14日、広島市に寄託しました。
 8月20日の土砂災害では死者74人、損壊・浸水家屋4749戸の被害が出ており、同市の笹口良治・企画総務局総務課長は「心のこもった支援をいただき、ありがたい。被災された方の生活再建の一助となるようにしたい」と話していました。
残額も同市に寄託します。
皆さまのご協力に感謝いたします。

(2014年10月)

フィリピン台風募金終了 総額1701万円を寄託

 読売新聞社と読売光と愛の事業団は20日、「フィリピン台風救援募金」の受け付けを締め切りました。2013年11月13日の募金開始以来、これまでに1076件、総額1701万3615円が寄せられました。うち、1500万円はすでに日本赤十字社と国連WFP協会に寄託し、残りは日本赤十字社に寄託します。皆様のご協力に感謝します。

(2014年01月)

共同募金会より募金協力の感謝状をいただきました

 読売光と愛の事業団は、中央共同募金会からこのほど、「災害ボランティア・NPOサポート募金」(ボラサポ)への協力に対する感謝状をいただきました。事業団では、読者の皆さまから寄せられた東日本大震災の被災者救援金の中から、震災発生直後の2011年3月に1億円、2012年6月に5464万円余を寄託しました。

 感謝状はこの協力に対するものです。贈呈式の模様は、中央共同募金会のホームページ(こちら)で紹介されています。ボラサポは、被災地で被災者支援に取り組むボランティアやNPOの活動を支援するためにスタートした募金です。4月現在、累計約41億1300万円が寄せられており、今なお復興とはほど遠い状況で生活する被災地の方々を支援しているボランティアやNPOの貴重な活動資金となっています。

 なお、当事業団はこれまで、岩手、宮城、福島、茨城の4県と福島県相馬市からも、義援金や支援金に対する感謝状をいただきました。多くの温かいご支援に、改めてお礼を申し上げますとともに、今後ともご協力をいただけますようお願い申し上げます。
 

(2013年04月)

東日本大震災救援募金に29億円 ご協力に感謝します

 読売新聞社と読売光と愛の事業団が、東日本大震災の被災者救援のため行っていた救援募金は、3月末をもって終了させていただきました。ご協力いただき、ありがとうございました。

 救援募金にはこれまで、国内外から約6万4000件、29億2834万円(4月2日現在)が寄せられました。すでに5回にわたり28億4000万円を、被災地の自治体や震災孤児・遺児の支援基金、中央共同募金会の「災害ボランティア・NPO活動サポート募金」に寄託しました。残る金額は、日本赤十字社と同サポート募金に寄託します。

 なお、事業団は今後も、被災して大学進学が経済的に困難となった高校生を対象とする奨学金、被災児童向けのニコニコキャンプなど、独自の被災者支援事業を行いますので、引き続きご協力をお願いします。ご寄付の方法はこちらへ
 

(2012年04月)

里親会のこども救援基金に100万円寄付

 読売光と愛の事業団はこのほど、東日本大震災で被災した児童を支援するため全国里親会(事務局・東京都港区)が呼びかけている「大震災こども救援基金」に100万円を寄付しました。

 今年5月3、4日に京都市で開かれた「第七回京都さくらよさこい」実行委員会から、「会場で集めた募金を、震災孤児のために役立ててほしい」と約97万円が当事業団の「光と愛の福祉寄金」に寄せられたためです。

 光と愛の福祉寄金は、主に目や身体の不自由な方、家庭に恵まれない児童などを支援する独自の事業のため、東日本大震災の救援募金とは別に、かねてお願いしている募金です。大震災の発生に伴い、同福祉寄金からは、被災児童の成長支援キャンプ「のんびり遊ぼう~ニコニコキャンプ!!」(主催・子どもの心と身体の成長支援ネットワーク)にも300万円をすでに寄付しました。

全国里親会のホームページはこちら
大震災こども救援基金(PDF)はこちら

 

(2011年08月)

震災救援4次分、被災4県に3億1千万円を寄託しました

 読売新聞社と読売光と愛の事業団は11月下旬、全国から寄せられた「東日本大震災救援募金」の第4次分として、3億1000万円を被災地の自治体に寄託しました。内訳は、宮城県に1億5000万円、福島県の「東日本大震災ふくしまこども寄付金」に1億円、岩手県に5000万円、茨城県に1000万円です。

 被災地などへの寄託額は、これまで3回の計24億1000万円と合わせて総額27億2000万円となりました。東日本大震災の救援募金は、来年3月末まで行います。これまでご協力いただいた皆さまに厚くお礼申し上げますとともに、引き続きご支援をよろしくお願いいたします。

※関連サイトはこちら 東日本大震災ふくしまこども寄付金
 


震災遺児支援に6億1千万円を寄託 総額24億円に

 読売新聞社と読売光と愛の事業団が行っている「東日本大震災救援募金」の第3次分として6億1000万円を7月下旬、主に震災孤児や遺児の支援のため被災地の自治体に寄託しました。内訳は、宮城県の「東日本大震災みやぎこども育英募金」に3億円、岩手県の「いわて学びの希望基金」に2億円、福島県災害対策本部に1億円、福島県相馬市の「震災孤児等支援金支給基金」に1000万円です。

被災地への寄託額は、3月末の第1次分8億円、5月上旬の第2次分10億円と合わせて総額24億1千万円となりました。引き続き、皆さまのご協力をよろしくお願い申し上げます。

※遺児・孤児支援の関連サイトはこちら

東日本大震災みやぎこども育英募金
いわて学びの希望基金
相馬市震災孤児等支援金支給基金

(2011年07月)

救援募金18億円を東北3県などに贈りました

 読売新聞社と読売光と愛の事業団が呼びかけている東日本大震災救援募金は、5月1日現在で20億円を超えました。皆さまの温かいご支援に深く感謝いたします。

3月末に第1次分、8億円を寄託したのに続き、5月9日には第2次分として、岩手、宮城、福島各県の災害対策本部などに3億円ずつ、茨城と千葉両県の災害対策本部に5000万円ずつの計10億円を寄託しました。寄託総額は18億円になります。

今後も幅広く追加支援を検討して参ります。引き続き、皆さまのご協力をよろしくお願い申し上げます。

(2011年05月)

Call for donations to aid quake recovery efforts

The Yomiuri Hikari and Ai Association is collecting donations to help provide aid to victims of the Tohoku-Kanto earthquake and tsunami.
Donations can be made to the following bank account.

    Account name   YOMIURI HIKARI AND AI ASSOCIATION

    Bank name         Bank of Tokyo-Mitsubishi UFJ
    Branch               Tokyo Main Office

    Bank address      2-7-1 Marunouchi, Chiyoda-ku, Tokyo, 100-8388,
                             Japan

    Swift code            BOTKJPJT

    Bank ID                0005
   
    Account No.          321-1890641


 If you would like a receipt for your donation, please send an e-mail with your name, address, phone number, the date you made the donation and the amount you donated to the following address:
   
 

(2011年03月)

ハイチ地震救援募金に2246万円 ご協力に感謝

 中米・ハイチで1月12日に発生した地震の被災者救援のために、読売新聞社と読売光と愛の事業団が実施した募金は、2月末で終了し、全国から総額2246万8032円が寄せられました。3月12日に、全額を日本赤十字社に寄託しました。このご寄付は日赤や国際赤十字社を通じて23万人を超える犠牲者を出した現地の救援活動に役立てられます。

 1月16日の募金開始以来、個人や団体からの篤志は計1754件(3月12日現在)に上りました。1500人を超える個人の方のほか、ライオンズクラブや少年野球など地域のグループ、寺社、商店、会社、小学校から大学まで学校関係の募金も目立ちました。チャリティー演奏会やイベントで募金を集めていただいた団体もありました。みなさまのあたたかいご協力に感謝します。ありがとうごいざいました。

ハイチ赤十字社の敷地内で診療活動をする日赤医療チーム(写真提供 日本赤十字社)ハイチ赤十字社の敷地内で診療活動をする日赤医療チーム ©日本赤十字社

(2010年03月)

夕張募金に3082万円 助成事業を展開

 財政破たんした夕張市の市民を応援する「がんばれ夕張―北の大地応援募金」には、2008年3月までの1年間に全国から822件、総額3082万8300円が寄せられました。ご寄付は、道内識者で作る募金活用委員会で決めた教育や文化、福祉事業の助成金として10年間にわたって活用、子どもやお年寄り、障害者などのために役立てられます。主な助成事業は以下の通りです。

▽子ども読書活動

 夕張図書館などの閉鎖を受け、夕張や札幌の主婦などが「子ども文化の会」を発足させた。同会が行う絵本の読み聞かせ活動などを支援。

▽伝統太鼓の継承

 市体育館の閉鎖に伴い、夕張の子どもたちに引き継がれている伝統芸能「夕張太鼓」「幌南太鼓」の練習場借用費などを助成。

▽わくわくプロジェクト

 夕張市美術館と市内の小中学校教諭の有志が夏・冬休みに行っているガラス細工や陶芸などのワークショップ開催を、市補助金の全額打ち切りに伴い支援。

▽人工透析患者の通院バス運行

 市立病院での人工透析治療の廃止を受け、夕張市社会福祉協議会が行っている岩見沢市への通院バス運行の経費を助成。

▽ゆうばり社協福祉文化基金への寄付

 住民が自主的に行える障害者・高齢者事業に役立ててもらう。

▽大夕張鉄道保存会

 旧大夕張鉄道の車両など貴重な産業遺産を保存展示する市民グループを支援。

写真:お話し会で目を輝かせる子どもたち
写真キャプション お話し会で目を輝かせる子どもたち

(2009年12月)

本文おわりです ページの先頭へ

▲ページ先頭へ▲サイトトップへ