被災者支援事業

災害ボランティア登録団体を募集 初動資金50万円を支給(2022年06月)

 読売光と愛の事業団は、国内で大規模災害が発生した際に被災地に入り、復旧を支援する災害ボランティア団体に対し、初動に必要な資金を助成しています。3年前にスタートし、現在、5団体が登録しています。10月に更新時期を迎えるため、改めて登録団体を募集します。重機を使った生活道路や被災家屋のがれき撤去、家屋の補修、生存者の救出などの活動を想定。被災地入りの連絡を受けた段階で速やかに年上限50万円を支給します。登録期間は3年間。応募締め切りは8月1日。申請のあった団体の中から、活動実績のほか、地域バランスなども考慮して5団体程度を選定します。ぜひ、ご応募ください。

 応募要項はこちら.pdfから

 申請書はこちら.xlsから。2枚あるのでご注意ください。

            重機を使ったがれきの撤去作業(登録団体のOPEN JAPANの活動から)JAPAN西日本豪雨.jpg