こどもの福祉 / 被災地支援事業(2013年以前)

被災児童の支援キャンプを新年度も後援します(2012年03月)

 東日本大震災で肉親や友人を亡くした子どもたちの癒しとリフレッシュを図るため、「子どもの心と身体の成長支援ネットワーク」が開いている転地療養キャンプ「~のんびり遊ぼう~ニコニコキャンプ!!」を、新年度も後援します。

 支援ネットワークは、震災発生後の昨年4月、恩賜財団母子愛育会、ボーイスカウト日本連盟、ガールスカウト日本連盟、日本YWCA同盟、日本YMCA同盟、日本キャンプ協会などが共同で設立。小児科医、児童精神科医、臨床心理士、心理カウンセラーなど幅広い分野の専門家の協力を得て、初年度は福島県相馬市の被災児童を対象に、2泊3日~3泊4日のキャンプを静岡県御殿場市や栃木県那須塩原市で3回にわたって開催し、計約130人の子どもたちが参加しました。

 今後数年間にわたって、同様のキャンプを年3回程度開催するほか、新たな事業も検討しています。当事業団は初年度、運営資金の一部として300万円を助成するとともに、企業・団体ならびに一般からの寄付協力を呼びかけました。2年目となる2012年度も300万円を助成します。活動趣旨にご賛同いただき、ご支援、ご協力を賜りますよう、お願い申し上げます。なお、昨年8月に開催された第1回ニコニコキャンプの様子は、このホームページの「子どもの福祉」の中で紹介しています。


★ニコニコキャンプ支援のご寄付は★
 このホームページの「寄付のご案内」の中で、複数の「ご寄付の方法」を案内しています。いずれかの方法で、「ニコニコキャンプ支援」と使途を明記の上、ご寄付をお願いします。寄付いただいた方のお名前(団体名など)と寄付金額は、読売新聞の地域版に掲載させていただきます。


キャンプ関連サイトはこちら
 愛育病院
 フェイスブックhttp://www.facebook.com/childrenheartandbody