被災者支援事業

災害ボランティア登録団体にコミサポひろしまを追加(2020年09月)

 2019年度に創設した「災害ボランティア支援」制度で、追加で募集した登録団体に「コミサポひろしま」(広島県呉市)を選びました。同制度は、大規模自然災害が発生した際に災害ボランティア団体が初動対応をするのに必要な資金を提供するもの。当初5団体に助成する予定でしたが、登録が4団体にとどまったため、今年度1団体を追加で募集し、3団体から応募がありました。

 写真コミサポひろしま活動.jpgコミサポひろしまは、2014年の広島土砂災害を機に、同市安佐南区に集まったボランティア有志により、設立。関東・東北豪雨や熊本地震などで重機を活用したがれき撤去に取り組んできました。メンバーは40歳代を中心に14人。

写真は、2017年の九州北部豪雨の被災地でがれきの除去に取り組むコミサポひろしまのメンバー