障害者の福祉

宇都宮でロービジョンセミナー(2015年12月)

 宇都宮市の栃木県総合文化センターで12月19日、事業団主催のロービジョンセミナーが開かれました。視力の低下や視野の狭さなど「見えにくさ」で不便を感じる人のためのセミナーで、とちぎ視聴覚障害者情報センターと日本点字図書館の協力で実施。独協医大眼科学教室講師の鈴木重成さんが「高齢化時代のロービジョンケア」と題して講演しました=写真=。拡大鏡や遮光眼鏡など低視力者向け機器の展示販売会もあり、来場者は工夫が凝らされた機器を手にとって説明を受けていました。

2015122112000000.jpg