障害者の福祉

在宅重症心身障害児者を抱える親の会10支部への助成決定(2018年10月)

 今年度の新規事業である在宅重症心身障害児(者)を抱える親の会傘下の各支部への助成先が決定しました。

 事業団ではこれまでも在宅のまま介護を受ける重症心身障害児(者)に対しては「全国重症心身障害児(者)を守る会」(東京都、倉田清子理事長)が行っている療育相談事業に助成してきましたが、在宅者や親御さんへの支援を充実させたいと考え、守る会と連携する親の会の各支部が取り組む事業への助成を決めました。守る会が親の会各支部から申請を受け付け、本年度は守る会から推薦のあった計10支部に総額200万円の助成が決まりました。助成先と内容は次の通りです。

神奈川支部は交流キャンプを開催

 神奈川支部開催の2泊3日の交流キャンプは、8月下旬、川崎市青少年の家で行われ、障害者とその保護者、ボランティアとして中高生ら計50人が参加しました。障害者に生活する意欲を育み、中高生のボランティアには障害者への思いやりや理解を深めてもらうのが目的です。プール遊び、キャンプなどを通し普段は外に出る機会の少ないひとたちが様々なプログラムを体験しました。参加した家族からは「たくさんのボランティアさんたちに出会い、良い経験をさせてもらえました」、「同じ立場の親同士、兄弟同士として話が聞けて、自分自身もリフレッシュすることができました」との声が寄せられました。