救援募金

コロナ募金823万円を日本看護協会に贈呈 総額3億4516万円(2022年05月)

 読売光と愛の事業団は5月25日、読売新聞社とともに医療従事者らの支援のために設けた「全国コロナ医療福祉支援基金」から823万4072円を日本看護協会に贈りました。同基金からの寄付金贈呈はこれが最後となります。同協会は罹患看護職員の見舞金支給や感染防止用物品購入費などに充てるそうです。

 同基金への募金受け付けは今年3月末に終了しました。東京コロナ医療支援基金を含め、これまでに3億4516万円余が寄せられ、東京都や大阪府など16団体に贈呈されました。

 皆様のご協力に感謝いたします。