救援募金

里親会のこども救援基金に100万円寄付(2011年08月)

 読売光と愛の事業団はこのほど、東日本大震災で被災した児童を支援するため全国里親会(事務局・東京都港区)が呼びかけている「大震災こども救援基金」に100万円を寄付しました。

 今年5月3、4日に京都市で開かれた「第七回京都さくらよさこい」実行委員会から、「会場で集めた募金を、震災孤児のために役立ててほしい」と約97万円が当事業団の「光と愛の福祉寄金」に寄せられたためです。

 光と愛の福祉寄金は、主に目や身体の不自由な方、家庭に恵まれない児童などを支援する独自の事業のため、東日本大震災の救援募金とは別に、かねてお願いしている募金です。大震災の発生に伴い、同福祉寄金からは、被災児童の成長支援キャンプ「のんびり遊ぼう~ニコニコキャンプ!!」(主催・子どもの心と身体の成長支援ネットワーク)にも300万円をすでに寄付しました。

全国里親会のホームページはこちら
大震災こども救援基金(PDF)はこちら