救援募金 / 被災地支援事業(2013年以前)

東日本大震災救援募金に29億円 ご協力に感謝します(2012年04月)

 読売新聞社と読売光と愛の事業団が、東日本大震災の被災者救援のため行っていた救援募金は、3月末をもって終了させていただきました。ご協力いただき、ありがとうございました。

 救援募金にはこれまで、国内外から約6万4000件、29億2834万円(4月2日現在)が寄せられました。すでに5回にわたり28億4000万円を、被災地の自治体や震災孤児・遺児の支援基金、中央共同募金会の「災害ボランティア・NPO活動サポート募金」に寄託しました。残る金額は、日本赤十字社と同サポート募金に寄託します。

 なお、事業団は今後も、被災して大学進学が経済的に困難となった高校生を対象とする奨学金、被災児童向けのニコニコキャンプなど、独自の被災者支援事業を行いますので、引き続きご協力をお願いします。ご寄付の方法はこちらへ