救援募金

北海道地震救援募金 受け付け終了しました(2018年10月)

 読売新聞社と読売光と愛の事業団が9月10日から受け付けを始めた北海道地震の救援募金は、10月10日で終了しました。後日、寄付総額を読売新聞で公表します。救援金は全額、北海道に送り、被災者への義援金として役立ててもらいます。皆さまのご協力に感謝いたします。ありがとうございました。

読売巨人軍や選手2人などから総額1,100万円を超える寄付

 読売巨人軍からは東京ドームなどでの会場募金として216万円あまりに加え、巨人軍から100万円、選手会から100万円の寄付をいただきました。また、かつて日本ハムファイターズにいて12年間を北海道で過ごした陽岱鋼選手から500万円、高校卒業後10年間を北海道で過ごしたという吉川光夫投手から200万円の寄付もいただきました。